株主総会対策

株主総会が荒れそうだ。そもそも株主総会はどうやって開けば良いかわからない。
株主総会の適法な運営及びスムーズな進行をサポートします。

株主総会についての悩みをなくす

「●●と言われたら議長はどのように対応すれば良いのだろう・・・」、対立株主等から批判があった場合にどのように対応しなければならないのか、どのような発言が適切でないのかについてアドバイスできるのが弁護士です。
多くの場合、株主総会の招集手続から株主総会の想定問答集の作成や当日の株主総会のバックヤードからの支援までを通じて、弁護士が適法な株主総会の運営を担保します。
議長は、バックヤードからの弁護士の指示やアドバイスを参考にしながら、議事を進めることができる等株主総会において弁護士は企業側にとって大変心強い存在です。

株主総会の運営を任せる

初めて株主総会を開く場合は、法令に則って招集通知を株主に送る等調べなければならないことがたくさんあります。弁護士に、アウトソーシングすることによって、法令に則った適法な株主総会の運営が可能になるとともに、従業員に本来の業務に集中させることができます。
コンプライアンスが重視されるようになり、会社運営を適法に行うことは企業を存続反映させる上で、不可欠になっています。株主総会においても、不適法な株主総会の場合は、後日訴訟問題になる可能性がある等紛争が拡大する恐れがあります。
法律事務所が株主総会の運営業務をサポートすることにより、このような紛争を未然に防ぐ効果も期待できます。

DUONは、茨城県エリアの方から多くのご相談をいただいています

茨城地域密着型で地元の中小企業の法律問題に力を入れるDUONは、茨城県内の企業・事業者の方から多くのご相談をいただいています。
DUONでは、様々な問題についての対応が可能です。