商標権

商標を侵害された、商標を侵害したかも知れない。
商標を侵害しないように予防したい。
商標問題のプロが問題を解決します。

事前の予防措置がトラブル防止に繋がる

商標について、事前に予防策を講じずに侵害された後に、策を講じようとしても手遅れであることがあります。
また、それにとどまらず逆に他社の商標権を侵害するリスクが発生する可能性もあります。
逆に、他社の商標権を侵害しているかについて十分な予防策を講じずに、特許事務所のみを通じて商標登録を行おうとしたために、他社の商標を侵害するリスクに曝された例もあります。
このようなことから、商標権については、事前の法的予防が欠かせません。

商標の問題は、弁護士任せる

商標登録であれば、特許事務所ができます。しかし、実際に商標を侵害された、または、商標を侵害したという事態に至った場合は、弁護士が代理人となって交渉等行います。多くの紛争事例を踏まえて、予防策を講じ、または、実際の紛争解決を行えるのは弁護士です。
自社の大切な商標は商標登録することは当然のこととですが、それだけにとどまらず、広い視野から分析、対応することが必要です。

DUONは、茨城県エリアの方から多くのご相談をいただいています

茨城地域密着型で地元の中小企業の法律問題に力を入れるDUONは、茨城県内の企業・事業者の方から多くのご相談をいただいています。
たとえば、次のようなご相談をいただいています。

  • 他社の商標登録していない商標を使っても全く問題ないかを知りたい。
  • 商標権侵害の通知を受け取ったがどのように対応したら良いのかわからない。
  • 商標権侵害している企業に対し、警告を発したい。
  • 商標登録を検討しているが、どのような点に注意すれば良いか。

DUONでは、上記に限らず様々な問題についての対応が可能です。